CFFジャパン事務局スタッフのブログ

NPO法人CFFジャパン事務局スタッフのブログです。仕事のことに限らず色んなことを書いていく予定です。

CFFジャパン公式ウェブサイト閲覧不可のお知らせ

事務局のなっしーです。
 
11月29日現在、CFFジャパンの公式ウェブサイトが閲覧できなくなっております。
心配の声ももらっていますが、
事務局は通常通り月〜金曜日の10時〜18時で開所しています。
 
これまで同様在宅の場合もありますので、
ご連絡はなるべくメールでいただければと思います。
 
メール:info@cffjapan.org
 
ご迷惑おかけしますが、
現在復旧作業中ですので今しばらくお待ち下さい。
 

田代アルバイトやめたってよ

f:id:cff_japan:20211105093151j:plain

緊急事態宣言の解除を受けて、母の故郷である鹿児島へ。JR最南端の西大山駅での一枚

f:id:cff_japan:20211105093230j:plain



みなさまお久しぶりです。気づけば11月、2021年も瞬く間にかけていきますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
最近の田代はというと、題名にもあるように昨年の10月から勤務体制縮小を受けてCFFとアルバイトの二足のわらじ生活でしたが、
 
そのアルバイトを先日やめました。
 
 
そして11月から、CFFの正規職員として復帰しました。
 
 
昨年の10月にアルバイトを始めた時は、バイトを1年も続けることになるとは思っていませんでした。多くの人が思っているように、自分の人生の中でこれほどまでにコロナが影響してくるとは思っていませんでした。
コロナの影響は依然として収る様子もなく、海外に行けない中、CFFとしてもキャンプに代わるほどの収益事業がないのが現状です。
 
そのような中正規職員に戻るというのは、私としても色々と、
本当に色々と
考えることがたくさんありました。
 
荒波に揉まれることがわかっていて、そこにまたもう一度飛び込むというのは、なかなか勇気といいますか、覚悟のいることでした。
 
 
以前、アルバイト先のこともブログに書かせてもらいましたが
(気になる人はこちらも読んでね)
 
CFFとは違うタフな環境で、バシバシと働く人たちに囲まれて、このようなことがなければ得られない環境がそこにはあり、とても充実していました。
特に東南アジアという国の人たちと協働するとはどういうことか、日々の細かいコミュニケーションがあって築き上げられてきたものを実感し、私はまだまだだなと感じることがたくさんありました。
ある程度の社会人経験を経てからの企業事務所だったので、俯瞰的な視点も合わせて会社を観察できていたと思います。
 
だからこそ、また色々と考えました。
 
そしてそんな時に浮かぶのは、やはり創設者である二子石さんのお言葉。
 
 
「何になるかではなく、どう生きるか」
 
 
人間関係もストレスフリーで、社会に対しても挑戦していて価値があると思える、
お給料もちゃんといただけているこの環境にいても物足りなさを感じるのは、贅沢?
 
自分の力量以上のことが求められ、かつ今基盤もぐらぐらしていて社会状況が壁になっている、人数が少ないからこそ一人一人の裁量で決断して進んでいかなくていけない
そんな環境で耐えていける?
 
 
色々と、本当に色々と考えた結果、立ち戻ってきたのは
 
「誰のため」
 
という部分。
 
CFFを通して出会った東南アジアの子どもたち。
私にとってはもう他人ではない彼らのために、これからも自分の時間を使っていきたい。
8年前にCFFで働くことを決意した時と同じ想いがそこにはありました。
 
 
アルバイトを辞める決意をしてからも、それはもう後ろ髪をぐいぐい引かれる思いで...それだけ離れたくないなぁと思える場所・人に出会えたことは本当に感謝ですし、この歳になってそんな素敵な関係が築けた自分はなんて恵まれているのだろうと思います。
最終出勤日には事務所の中で花道を作って送り出してくれました...涙)
 
 
そんなこんなで、戻ってまいりました。秋の千歳烏山事務局も寒すぎて、これから冬を越せるのかすでに心配になっております。
出勤し始めて、1年離れていたブランクを感じることもある正直なところ予想外で少し戸惑っておりますが、今できることを粛々とやるだけ!と、心新たに尽力していきます。
 
 
この1年間、非常勤になりながらもずっと取り組んできたのが、今月20日に開催されるチャリティイベントです。
 

f:id:cff_japan:20211105093924p:plain

2021年11月20日(土)開催!本番までのカウントダウンが始まっています...!

 

 
これまでの25年間の感謝とともに、これからもみなさまと歩いていきたい。
チケット制のイベントというのもほぼ初めてとなる取り組みで、コロナの影響を存分に受けがなら、右往左往しながらも1年近くかけて取り組んできたプロジェクトです。
チケット売上は経費を除いて、これからのCFFジャパンの活動費として使わせていただく、チャリティイベントとなっております。
 
当日見れなくても、後から様子をうかがえるアーカイブ配信もありますので、ぜひ一人でも多くの人にご協力いただけたら嬉しいです。
 
★25周年特設サイトはこちら
★子どもたちに絵を描いてもらい、なんとグッズにしてしまいました...!
 
(私は中継本会場のつつじが丘会場で、職員内海と一緒にMCも行います!ご都合つく方はぜひ会いにきていただけると本当に嬉しい...!)
 
 
みなさまにはこれからも、団体としても個人としても、支えていただくことがたくさん出てくるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

ちなみに...今週末の7日(日)20:00〜、25周年イベント直前スペシャル第二弾!ということで、CFF another night、やります!

当日MC担当のけんじ・みちかでのYouTubeライブです。

 

こちらもよろしければぜひご覧ください!

“peace of mind = 心の平和” 心理の道を進む私が考え続けたいこと〜25周年プロジェクトインタビュー〜

こんにちは!『CFF25周年プロジェクト』ブログ担当のしゅうへいです。引き続きCFFに縁のある方のインタビュー記事を掲載します。今回は第6弾!マレーシアスタディツアー22回、ミャンマースタディツアー3回に参加した里見隆行(さとみたかゆき)さんにインタビューしました!

f:id:cff_japan:20211024230632j:plain

ミャンマー 障害者施設にて

みなさん、心が平和だな...と感じたことはありますか?

 

2019年春に初めてCFFのプログラムに参加した里見さんは、心理学を学ぶ大学4年生。CFFのプログラムに参加したことがきっかけで、考えつづけたいテーマが見つかったと話します。

 

そんな里見さんの大切にしたい未来は “Dear Future peace of mind”。( = 心の平和)この言葉にはどんな想いが込められているのでしょうか。

 

“心の平和ってなんだろう?” きっかけはスラムの人たちの笑顔

f:id:cff_japan:20211024230607j:plain

 

「CFFに参加して、心理学とのつながりを感じたことがあります。」

 

そう語る里見さん。それは、マレーシアスタディツアー22回のあるシェアでのできごとでした。

 

「他者の大切な想いを聴く経験も初めてだったし、自分の深い想いを伝えるのも初めてだったんですけど、そのなかで “沈黙を受け入れる大切さ” を学びました。心理学を勉強しているので知識としては知ってたんですけど、“沈黙もコミュニケーションの1つで、沈黙も含めて相手を受け入れる” っていう感覚を初めて得ました。」

 

沈黙の大切さはその後の里見さんの糧になっているとのこと。

 

「今でも誰かの相談にのるときは、その人が話せるまでじっくり待つようにしていて、沈黙を受け入れられるようになりましたね。」

 

一方で、コミュニケーションの難しさを感じることもあったそうです。

 

「帰国してから、もっとたくさんの人と深いコミュニケーションをしたいと思うようになりました。でも、CFFに参加したことがない人とシェアしたいと思ったときに、深い想いをシェアするところまでいけなくて苦労したことはあります。それでも、深い想いをシェアしたいという気持ちはずっと持ち続けていたので、またCFFに参加したいって思いました。」

 

その言葉通り、次のシーズンでミャンマースタディツアー3回に参加した里見さん。“Dear Future peace of mind” にたどり着いたきっかけがありました。

 

「スラムに行ったときに、そこで暮らす人たちが笑顔だったのが印象的でした。経済的に苦しいはずなのに、彼らからあふれる笑顔とかお隣さん同士で仲良くしている姿とかを見て、心は幸せそうに見えました。そこから、“心の平和ってなんだろう?”って考えるようになったんです。」

 

まずは自分の心を平和に 他者の気持ちが軽くなるような生き方がしたい

f:id:cff_japan:20211024230538j:plain

 

“peace of mind = 心の平和” を大切にする里見さん。心が平和とはどういう状態なのか教えてくれました。

 

「私が思う心の平和は、“自分という存在が周りと溶け合って、周りに生かされている。自分はこのままでいいんだ。自分のことが好きだと正直に言える状態” です。」

 

里見さんは、自分の心を平和な状態に保つために行っていることがあるそうです。

 

「まず、ものごとの優先順位を決めて、忙しくしすぎないようにしています。あとは、1日1回日光を浴びること、1日1つ目標を決めること、1日の終わりに楽しかったことや嬉しかったことを3つあげること...小さなことですがいろいろあります笑」

 

毎日の生活で無理なくできることから始めたという里見さん。人間関係でも気をつけていることがあります。

 

「たくさんの人と浅く関わるより、1人ひとりとゆっくり深い関係性を築くことを大切にしています。相手が大変そうなときは声がけをするんですけど、おせっかいにはならないようにしていて、それは、あくまで相手も自立した1人の人間だし、自分でものごとを解決できる力があるんだから...っていうことを念頭においているからですね。」

 

1つひとつの関係性を大事にしている里見さんには、将来目指したい姿があるそうです。

 

「まず、人として魅力的で、幸せのお裾分けができる人になりたいです。それと、私と関わる人の気持ちが軽くなるような生き方ができたらと思っています。」


子どもたちや学生に心理教育をしたい “見返りを求めない”を心に誓って

f:id:cff_japan:20211024230126j:plain

前から2列目1番右端が里見さん

心の平和について考え続ける里見さん。キャリアの方向性が見えてきたそうです。

 

「コロナ禍でうつになったり自殺したりする若者は増えていますし、助けを求める人の声が助ける側に届いてないのを感じています。そんな状況もふまえて、子どもたちや学生に心理教育をしたいと思っています。具体的には、小さなころは親や教師など周りの大人がサポートをしつつ、最終的には自分の力で問題を解決していけるような仕事をしたいですね。」

 

心理の道をまっすぐ進む里見さんには、心に命じていることがあるといいます。

 

「“見返りを求めない” ということです。マレーシアのプログラムに参加したときに、職員の方から手紙をもらって、そこには “私たちは与えることにおいて与えられる” って書いてありました。人間って、見返りを求めるつもりがなくても、無意識に “見返りを求めてるのかな?”と思われる行動をしてしまうこともあると思うんです。私は “見返り” を求めるのは本当の意味の支援ではないと思っているので、このことを心に留めています。」

 

 

里見さんは “心の平和” を考え続けることを軸にしていました。まずは自分の日常に落とし込み、そして他者と関係を築くときにも考えていると話していたことが印象的でした。

 

まずは、自分の心が平和な状態かどうか向きあうことが第1歩なのだと思います。この記事を読んだみなさんも、私と一緒に向きあい始めてみませんか?

 

(インタビュアー・執筆:しゅうへい)

 

☆11/20開催のチャリティイベントチケット絶賛発売中です!!ご購入はこちら

☆CFF初の公式グッズの販売も開始しました!!詳細はこちら

この世田谷の片隅に  〜地域とともに烏山での新たな日常〜

f:id:cff_japan:20211015162815p:plain

からぴょん(世田谷区烏山地域のキャラクター)
こんにちは。事務局の川崎修です。
 
25周年ということで、CFFに20年以上細く長くかかわっている古株の身としては本来なら過去を振り返って.....となるかもしれませんが、けんじの教育の話に続いて、今新しく始めている地域に関する取り組みについて紹介しようかと思います。
 
CFFは元々教育的な要素が強い団体だと思っていて、教育や学校との協働についてはこれまでもある程度やってはきました。ですが地域での活動はCFFジャパンとしては本当に初めて。これまでもやってみたいことではあったけど、今まさに25年目にしての新たな挑戦です。
 
個人としても、元々横浜在住在勤で、地域コミュニティや地域福祉、市民活動の支援をするNPOに所属はしていたものの、自分が主に担当していたのは、福祉施設の評価支援やNPOの組織運営についてで、地域での実践は実はあまり経験はなく。。
世田谷の地域についても、市民活動の歴史があり活動が盛んであることは何となく知っていましたが、今まで縁もなく、漠然とあったのは「ブルジョワ」のイメージ。
 
実際には世田谷といってもさまざまな地域があり、CFFジャパンの事務局が昨年引っ越してきた烏山地域の給田は、区内では北西の隅っこに位置します。

f:id:cff_japan:20211016004933p:plain

 
まったくの新参者ですが、まずは地域のいろいろな会議や集まりに出たり、どんな活動があるかを探り、そんな中でキーパーソンと出会ったりし、少しずつ知り合いが増えてきた実感はあります。
 
そんな中でCFFジャパンとして今やっていることとしては、
 
●親子の居場所としての子育てひろば(なっしーが担当)
 
子どもなどに向けた多文化理解の講座(けんじや学生メンバーが担当)
 例えばこんなの
 
地域の学生と団体や活動をつなぐインターンシップ
も始めようとしています。
 
この秋からは、近所のコミュニティカフェの運営に参画し、まずは小学生向けの学習支援を始める予定です。さらには、例えば中高生の交流などを中心として、子どもから大人まで多様な人が混ぜこぜになる居場所、それを大学生がサポートする、そんな場づくりができないかなあと思っているところです。
 

f:id:cff_japan:20211016005257j:plain

-------
 
地域での活動をなぜやるか、何を目指すのか。
 
ウィズコロナ、ポストコロナの社会で変わったこと、変わっていきそうなことがいろいろあります。
オンラインを通じて遠距離や海外でも容易にコミュニケーションがとれるようになり、物理的には依然として国境をまたいだ移動がしづらい世界ではありますが、ある意味手軽にアクセスできるエリアは広がったように思います。一方で、リモートワークやオンライン授業が普及して前よりも家の近くで過ごす時間が増え、身近な地域での居場所やそこでの人とのリアルな交わりの価値は、これからより高まっていくのではないでしょうか。
 
CFFジャパンはこれまで、海外でのワークキャンプスタディツアーなど「非日常」の世界をたくさんつくってきました。これからは「日常」でも、誰もが取り残されず交わり合い、それぞれが自分らしく暮らせるコミュニティを地道につくっていきたい。そんなふうに思います。
 
どうしたら地域でCFFの力を生かせるか、これまでの蓄積や持てる資源を活用して貢献できるか。
CFFの持っている最大の資源は、若いたくさんの人材だと思いますが、メンバーが全国に拡がっていることの裏返しで、世田谷の近くに住んでいる人の割合は案外多くない。そうすると生かせるのは、学生に対する学生目線でのコーディネート経験か?
もちろんそういったCFFで生かせそうな面は生かしていきたいですが、それだけでなくいかに地域の力を生かせるか、必要な人や資源を探してこられるか、といった視点も大事にしてきたいですよね。それによって「CFFの価値」を発揮するだけではなく、「新たな価値」をともに見出せることを願っています。
 

=================


新たな形でミッションの体現に取り組むCFFの25周年、一緒にお祝いしませんか?

【CFF25周年記念チャリティイベント】
 日程:2021年11月20日(土)15:00~16:30 オンライン開催
 プログラム(一部)

  ・「子どもの家」を退所したあの子とパネルディスカッション
  ・コロナ禍の子どもたちの様子

  ・スペシャルゲスト玉城千春さん(Kiroro)×代表理事安部トークショー

 ▼チケット申し込みはこちらから 
      https://cff25th-event.peatix.com/

   イベント視聴チケットは1,000円〜!

☆CFF25周年プロジェクトでは様々なイベントを企画中です。最新情報は CFF25周年特設サイト をチェック!

けんじ最近何してるの?

f:id:cff_japan:20210929195306j:plain(先週のサウナ旅の一幕。ととのいを求めて。)

こんにちは、事務局内海です。
25周年プロジェクトのインタビュー記事、それぞれ感慨深く読ませてもらっています。寄稿をありがとうございます。

CFFへフルタイムで復帰してから「けんじ何してるの?」と質問を受けるので、最近のわたしを少しご紹介します。

夏は一般向けのツアーではなく、都内の順天高校海外研修オンラインプログラムを担当しました。

フルタイムが私ひとりになって、孤独感や重責に押し潰されるかな?と思ったけれど、いま関わっている活動の中での新しい出会いに励まされ、感謝な毎日です。
何より、いま担当させてもらっている「学校教育」との協働は、ディレクターとしての学びも深く、たのしくお仕事させていただいています。

 

3月と6月には高校生限定プログラムを開催しました。CFF高校生リーダーも初めて輩出しています。

ここでは、SDGsを学ぶためだけではなく、その解決の担い手となること、課題の側を変えることよりも、まず自分が変わることを目指しています。
高校生らしい真っ直ぐなシェアがいつも胸に刺さります。

 

新しい取り組みである「学校との協働」ですが、なぜそもそも学校なの?という部分をまずお話したいと思います。

ちょうどいま学習指導要領の改定により、「探求型の学び」が広く求められるようになりました。

自分の生き方や在り方と一体の(分けることができない)課題を発見し、解決していくことを「探求」っていうのですが、これってCFFがこれまで培ってきた「気付いて築く」のプロセスに重なると思いませんか?

さらに、学校でもSDGsの取り組みが大きな潮流となっている中、海外にフィールドを持つCFFの強みを「学校教育」において活かせるチャンスでもあります。

昨年の冬から、CFFの教育関係者が集まって「CFFの価値を学校教育で具現化する」ことを目標に学校との協働を模索し始めました。

小学校や中学校で初めて授業をしたり、先生向けのオンラインスタディツアーも開催しました。

この冬にはN高とのオンラインスタディツアー、来春には大阪大学とのオンラインフィールドスタディを予定しています。

また同時並行で、先生たちの学び会(CFFエデュケーションラボ)を重ねるなかで、生徒と分かち合いたいことは何か?、共に教育の本質を学び、CFFの価値を分かち合い、お互いにエンパワメントできる環境が少しずつ整ってきました。


これはCFFのミッションの体現に繋がっているなあと実感しています。
さらにその先に生徒たちへCFFの価値が広がることを目指し、現在試行錯誤しながら進んでいるところです。

CFF25周年にして初めてこれまでにない試練に直面しているかと思いますが、キャンプツアーだけではない新たな進化と深化を実践し、これまでもこれからも普遍のCFFの真価を社会と分かち合っていきたいと願っています。

引き続き、CFFの応援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

CFFジャパン事務局 内海研治

=================


新たな形でミッションの体現に取り組むCFFの25周年、一緒にお祝いしませんか?
事務局 内海もMCを務めます。
  

【CFF25周年記念チャリティイベント】
 日程:2021年11月20日(土)15:00~16:30 オンライン開催
 プログラム(一部)

  ・「子どもの家」を退所したあの子とパネルディスカッション
  ・コロナ禍の子どもたちの様子

  ・スペシャルゲスト×代表理事安部トークショー

 ▼チケット申し込みはこちらから 
      https://cff25th-event.peatix.com/

   イベント視聴チケットは1,000円〜!

☆CFF25周年プロジェクトでは様々なイベントを企画中です。最新情報は CFF25周年特設サイト をチェック!

「目の前の人を救いたい」偶然進んだ道が本物の夢になるまで 〜25周年プロジェクト インタビュー〜

こんにちは!『CFF設立25周年プロジェクト』ブログ担当のあみです。

25周年プロジェクトのインタビュー企画(趣旨はこちら)、第5弾である今回は、2012年にCFFフィリピンでのインターンを経験した南さくらさんにお話を伺いました。

f:id:cff_japan:20210911230446j:plain南さくら(旧姓:森下さくら)
第66回フィリピンワークキャンプ、同72回プログラムリーダー、第11回マレーシアワークキャンプに参加。2012年春にはCFFフィリピンでインターン。大学卒業後、初期研修医を経て救急集中治療医となる。8年目の今年から子ども病院で勤務中。趣味は愛犬や愛猫と楽しく過ごすこと。

一度目標を見失ったからこそ、CFFとバイト村に出会えた

小さい頃から動物が大好きだったさくらさん。中学生までの将来の夢は獣医でした。しかし高校受験後、ある“意地”から医学部に入る夢へ変わったといいます。

「ある日塾の先生に、もっと偏差値の高い学校に志望校を変えるよう勧められました。それを聞かずに自分の行きたい高校を選ぶと、『もっといい高校にいけばいいのに』といわれて腹が立ちました。私は負けず嫌いだったので、どんな高校だって何にでもなれる、医学部にだっていけると証明したくなったんです」

そんなひょんなきっかけから医学部を目指し始め、無事合格することができました。

「いざ医学部に入ると、次に目指すものを見失いました。最初から医者になりたかったわけではないので。そして刺激が欲しくなって、目が向いたのが海外です。先輩の勧めをきっかけにネット検索をしました。」

そして大学2年のとき、日程の都合がよかったため参加したのがCFFの海外プログラム、フィリピンワークキャンプでした。

ワークキャンプは通常CFFの現地法人が運営する「子どもの家」で行われますが、さくらさんが参加したのは、当時期間限定で行われていたバイトという村でのプログラムでした。

「バイト村の皆さんは私たちを歓迎し、毎日料理も作ってくれて、村のことが大好きになりました。日本の皆にもバイト村を知ってほしくて、次はプログラムリーダー(※1)として来たいと考えました。」

※1 CFF海外プログラムには各回に「リーダー」がいる。過去参加者がリーダーとなり、プログラムの運営、広報や参加者対応を担う。

f:id:cff_japan:20210911230530j:plain

キャンプ中はバイト村内の施設に寝泊まりし、村のひとたちと多くの時間を過ごしました

東日本大震災後、心残りからCFFインターン

そしてさくらさんは第72回フィリピンワークキャンプのプログラムリーダーになります。この回がバイト村での最後のプログラムだったからです。しかし、出発した日に予想外の出来事が起こりました。

「出発した日は2011年3月11日。私たちが成田空港を飛び立って30分後、東日本大震災が起こりました。」

さくらさん達はフィリピン到着後に震災のことを知りました。皆がショックを受けましたが、すぐに帰国することもできずキャンプはスタートしました。

「はじめは参加者から『日本が大変なときに海外ボランティアなどやってられない』『本当に続けていいのか』という疑問の声があがりました。
でも、バイト村の人たちがとても優しくて、日本や私たちのことをとても心配してくれたので、皆も徐々に『キャンプ頑張ろう』という気持ちになっていきました。」

f:id:cff_japan:20210911230602j:plain

バイト村の道を作り上げた72回キャンプ。10年経った今も仲良しだそうです

しかし、キャンプの最初は震災による混乱があったこと、そして同じ時期に開催される予定だったCFFの他のプログラムが中止となってしまったこともあり、さくらさんにはどこか心残りが生まれたといいます。

「一緒に頑張ってきた仲間がキャンプに行けなかったり、自分は震災の瞬間に日本にいなかったことを負い目に感じたり…。いろいろな心残りを払拭したくて東北のボランティアにも行きましたが、なかなかすっきりしませんでした。」

そしてさくらさんが選んだ方法が、2012年春のCFFフィリピンでのインターンでした。

「2ヶ月フィリピンで過ごして、一つひとつのことに意味があると思えるようになりました。さらにCFFのプログラムには、意味が生まれるような仕掛けがあると感じました。仕掛けによって皆が同じタイミングで同じことを感じている瞬間があるんです。そして違うことを考えたときも、皆が素直になってシェアして分かち合うから、次に繋げられるんです。」

こうした中でさくらさんも自分の気持ちに素直になり、心残りを消化していけたそうです。

素直になってみて実感したのは、「目の前の人が困っているときに助けになりたい」という自身の心の奥にある強い想い。
そうして改めて医師という職業に向き合うと「良い仕事だ」と思え、自分の進もうとしている道を肯定できるようになりました。

Dear Future Us. 医師となったからこそ望むのは「私たち誰もが良い最期を迎えられる社会」

その後、さくらさんは医師となり、初期研修を経て救急治療分野に進みました。人を助ける仕事ができてやりがいが大きいのではと思われがちですが、決してそうではなかったようです。

「医者にできることは、治療方法を選択してそれを施すまで。最終的に回復できるかは患者さんにかかっています。だから患者さんが元気になったとしても、それは医者がやり遂げたのではなく患者さん本人が頑張ったのだと思っています。」

このように医者が病気を治しているわけではないといいつつも、さくらさんは挑戦することを止めません。

「大人も子どもも診れるようになりたいと思い、今年から小児科の勉強のために子ども病院で勤務しています。
大切にしているのは、目の前のことに常に疑問を持って、考え続ける姿勢です。特に新型コロナウイルスの流行によって、この大切さを痛感しています。世の中で言われることに左右されず、ひとつひとつ自分の頭で考えていきたいです。」

f:id:cff_japan:20210911230616j:plain

救急医として災害に備えた訓練も行いました

そんなさくらさんに、CFF25周年のテーマである「Dear Future...」に繋ぎたい言葉を訊きました。

「Dear Future Usです。未来は今を生きている私たちが創っていくものだと思うから。」

さくらさんが創っていきたい未来にあるのは「誰もが良い最期を迎えられる社会」だそうです。

「救急医療の現場でよく思い出すのが、CFFで言われていた『何になるかではなくどう生きるか』。患者さんが亡くなってしまうとき、たくさんのひとが駆けつけて看取られる方がいる一方、誰も病院に来てくれず、名前もわからずに亡くなる方もいます。途上国をみれば、人知れずに亡くなっていく人々は本当にたくさんいます。」

そしてさくらさんが例にとったのは、かつてCFFのワークショップで描いた「人生曲線(※2)」。

※2 グラフの横軸に時間、縦軸に自分の気持ちや状態をとって、自分の人生を振り返りながら曲線を描くワークショップ。うれしいときのグラフは山に、つらいときは谷になる。

「人生って本当に曲線続き。ずっと良い状態ではないと思います。悔いなく生きようとして、ずっと頑張らなきゃいけないのも苦しい。だから沈んでしまう時期もあっていいんじゃないかな。
でも最期その人生を閉じるときには、長い目で振り返れば『いい人生だったな』と皆が思える社会であってほしいです。」

このように語ってくださったさくらさん。
はじめは他人に対する意地から医学部に入りましたが、経験を経て自分の意志で夢へ進むようになりました。そして今も自分自身で考え続けているからこそ、そのことばには重みがありました。
これからも望む未来に向かって活躍される姿を応援していきたいです。

(インタビュアー・執筆:あみ)

あなたも「Dear Future...」の続きに繋ぐ未来を一緒に考えませんか?  

【CFF25周年記念チャリティイベント】
 日程:2021年11月20日(土)15:00~16:30 オンライン開催
 プログラム(一部)

  ・「子どもの家」を退所したあの子とパネルディスカッション
  ・コロナ禍の子どもたちの様子

  ・スペシャルゲスト×代表理事安部トークショー

 ▼チケット申し込みはこちらから 
      https://cff25th-event.peatix.com/

   イベント視聴チケットは1,000円〜!

☆CFF25周年プロジェクトでは様々なイベントを企画中です。最新情報は CFF25周年特設サイト をチェック!

私は“愛”と離れることができない 愛について考え続ける私のモットーは“sharing love”〜25周年プロジェクトインタビュー〜

こんにちは!『CFF25周年プロジェクト』ブログ担当のしゅうへいです。引き続きCFFに縁のある方のインタビュー記事を掲載します。今回は第4弾!私が初参加したマレーシアワークキャンプ54回のリーダーだった工藤愛理沙(くどうありさ)さんにインタビューしました!

f:id:cff_japan:20210910121911j:plain

みなさん!“一生をかけて考えたい”と思えるものに出会ったことはありますか?

 

2018年春のマレーシアワークキャンプに初参加し、翌年にはリーダーとインターンを経験したありささん。CFFでの活動を通して愛に向き合い続け、「これからもずっと考えつづけたい」ありささんは話します。

 

そんなありささんの大切にしたい未来は “Dear Future sharing love”。この言葉にたどり着くまでにはどんなできごとがあったのでしょうか。

 

他者のために動く自分がいる 愛に気づいた瞬間私は幸せだった

f:id:cff_japan:20210910122357j:plain

CFFのキャンプに初参加した大学1年の春。石を運ぶワーク中に何ものにも代えがたい経験をします。

 

「石にふれたときに『すごい幸せ〜!』って急に叫んだんだよね笑 もうなんか嬉しくて楽しくて!あの瞬間は本当に尊い時間だったって今でも思う。今までのキャンパーとか未来のキャンパーとか、子どもたちとか...誰かのために動いてる自分に気づいた瞬間だった。自分の中にある他者への愛に気づいたから、幸せ!って感じたのかなって思った。」

 

自分のなかの愛の存在に気づいたありささん。愛が人生にとって大切なものだと思うようになります。

 

「それまでは、誰かのために何かをしようとか、何かについて深く考えたりとかしたことなくて。でも、愛が自分が生きるうえで大切なことの1つなのかもしれないって思った。」

 

愛が大切なものだと気づいたありささんは、次のシーズンでミャンマーのプログラムに参加しました。そこでは、子どもたちの未来がどんなふうになっていてほしいかを考える機会があったそうです。

 

ミャンマーのときは、毎日愛について考えてたかな〜。子どもたちの未来は愛にあふれていてほしいって思ったんだけど、そんなふうに私が子どもたちを想う気持ちって本当に愛なんだろうか?ってうのをすごく考えてたんだよね」

 

愛を見失ったリーダー回 本当の愛を求めてインターン

f:id:cff_japan:20210910122524j:plain

大学2年の春、ありささんはマレーシアワークキャンプのリーダーになりました。

 

愛にあふれるキャンプにして、愛をつないでいきたい!って思ってキャンプに臨んだんだけど...全然そうはできなかったって思ってずっと泣いてた。」

 

ありささんがそう感じたのは、キャンパー1人ひとりに「このキャンプに何を求めているか」を聞いたある夜のことでした。

 

「『希望』とか『夢』とか『目の前の命を大切にしたい』とかみんないろんな想いがあって。『愛のあるキャンプをつくりたい!』って想いが強すぎて、みんなのことを愛せてなかったかもって思ったし、これまで信じてきた愛ってなんだったんだろう?って思いはじめて...挫折したっていうか、愛を見失った感じになった。」

 

愛を見失ったありささんですが、向き合うことをやめませんでした。半年後にはインターンにチャレンジして、自分にとっての本当の愛は何かを探し続けました。

 

「結果としては、『本当の愛が何か?』の答えの糸口を見つけることはできたんだけど、うまく言葉にできないのが本音。でも確実に言えることは、これから先も私は愛と離れることができないってことと、答えは簡単に出るものではなくて、一生かけて考えてゆっくりでいいから真実を受け入れていきたいってことです。」

愛だけじゃなく“愛を分かちあっていきたい”

f:id:cff_japan:20210910122825j:plain

ありささんが大切にしたいのは“sharing love”=“愛を分かちあうこと”

 

「これまでの人生で、CFFで出会った子どもたちや仲間、家族や友だち...たくさんの人に愛をもらってきました。今度は、私がもらった愛をこれから出会う人たちと一緒に分かちあっていきたいと思っています。」

 

さらに、CFFの活動に使っていたノートを見ながらこう振り返ってくれました。

 

「この3年間はすごく密度の濃い時間だった。CFFにいる自分がいちばん好きかもしれない!」

 

現在は社会人1年目で事務職に就いているありささん。いまの想いを聞いてみました。

 

「今は新人なので、仕事のことで手も頭もいっぱいいっぱい。正直余裕がないときが多いです笑 愛を大切にできてないなって思うこともあります。それでも、私の中心にはsharing loveがあって、これからも考えつづけたいです。」

 

ものごとをありのまま深く広く感じる心を持ち、ときには心折れそうになりながらも向き合い続けたありささん。彼女はこれからも sharing love について考えつづけます。

 

みなさんが“考えつづけたいもの”はなんでしょうか?

 

(インタビュアー・執筆:しゅうへい)

 

☆CFF25周年プロジェクトでは様々なイベントを企画中です。最新情報は特設サイトをチェック!

cff25th-anniversary.com