読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CFFジャパン事務局スタッフのブログ

NPO法人CFFジャパン事務局スタッフのブログです。仕事のことに限らず色んなことを書いていく予定です。

村との協働で見えたこと

こんにちは。日本に一時帰国中の事務局員ひろしです。

先週の2月17日に104回フィリピンワークキャンプを無事に終え、

そこで私が感じたことを少し書きたいと思います。

 

104回ではカマグシンガラン村というCFFフィリピン「子どもの家」から

車で30分の場所でキャンプを行いました。

村の人たちは、キャンプが始まる前から、

日本人が来ることをとても楽しみにしており、

キャンプの準備から共に進めていきました。

 

宿泊場所、食事、遠足、ワーク、キャンプファイヤー

3回行うパーティーも、村の人達と相談して実施しました。

私たちCFFがやりたいことをやるのではなく、

村の人達と協働してプログラムを作ることに

私はとても大きい意味を感じました。

 

それは、71年前。第二次世界大戦でできた大きな溝があった中、

村の人達に日本人が受け入れられ共に村の未来のために、

ワークをしている姿を見ることができたからです。

CFFがプログラムで必ず行うピースセミナーの中でも、

「これからを担う若い世代が素晴らしい関係を築くことで、

未来がより豊かになっていく。」と以前話してくれました。

 

多くの悲しみ、苦しみを乗り越えて、

今CFFがフィリピンで活動をしていることに感謝の気持ちが

湧いてきました。これからもこの素晴らしい関係を築いていけるよう、

自分が出来ることを精一杯やっていこう、この積み上げてきたのもを

新しく出会う人達に伝えていこうと思いました。

 

これから始まるプログラム、そして今行われている

44回マレーシアワークキャンプが現地の人たちと参加者みんなが、

未来への希望を抱けるよう、取り組んでいきます。

 

長くなりましたが、今日はここまで。

ありがとうございましたー^^