読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CFFジャパン事務局スタッフのブログ

NPO法人CFFジャパン事務局スタッフのブログです。仕事のことに限らず色んなことを書いていく予定です。

CFFマレーシア寄付キャンペーン🌴

こんばんは。事務局ひろしです。

今年もあと23日、クリスマスまであと、、、18日となりました。

お仕事されている方は、年の瀬の忙しさもあると思います。

大学生のみんなは、年明けのテストの準備をしたり、

春休みの予定を立てたりと大忙しのこの時期に!

 

CFFは1つ大きな挑戦をします。

それは、タイトルにも書きましたが

「CFFマレーシア寄付キャンペーン🌴」です!

 

CFFマレーシアは、2018年の経営自立に向けて、

その要となる環境保全型循環農業プロジェクトを進めています。

f:id:cff_japan:20161207163421j:plain

[前回のマレーシアワークキャンプでも農業ワークを行いました!]

 

そして今回、CFFマレーシアプロジェクト推進に必要な、

トラックを来年の1月に購入する予定です!

そこでCFFジャパンでも寄付キャンペーンを

実施しCFFマレーシアを応援します!!

ぜひみなさんの力をかしてください。

f:id:cff_japan:20161207163901p:plain

[購入予定のトラックはこちら↑]

■キャンペーン期間:2016年12月5日〜12月31日

■キャンペーン目的

「寄付に頼らない環境保全型循環農業」推進に必要となるトラックの購入

■車名:イスズELF(エルフ)1.5トン

■現地価格:90,480リンギット(約235万円)

寄付キャンペーン特設ページ

今回の寄付キャンペーンに関して、代表の安部からも

みなさんに挨拶がありますので、読んでみてください♪

===

拝啓

師走の候、皆様におかれましてはご健勝のこととお喜び申し上げます。
平素より皆様にはご支援、ご指導を賜り厚くお礼申し上げます。

CFFマレーシアは2008年に設立して、来年度はいよいよ9年目を迎えようとしています。

これまで、子ども支援を軸に様々な角度から

「施設のあり方、自立に仕あり方」

に取り組んでまいりましたが、法人設立以来目指していた「10年後には100%自立する」目標達成まで残すところあと2年となりました。


現地理事会では2016年度初頭に「ビジョン2018(10年間の自立計画)」の結実のため、環境保全型循環農業を大々的に推進する議決がされ、本年度4月より2名の専門家を住み込みで雇用しました。

加えて、新たな専従スタッフも5名、パートタイムも含めて農業部門のみの従事者合計10名体制で、新規事業の推進、経営自立に向けた準備を進めています。


そして経営自立の中核となる農業生産品としては新たに

コンポスト年間144トン
②生姜年間48トン
③養鶏年間12トン(8000羽)
④野菜年間7トン
⑤食用ガエル年間4万匹

そして、その他これまで続けてきた
魚、石鹸、エンザイム、マッシュルームも生産、販売を継続しながら、
いよいよラストスパートへと向かいます。


そこでこのたびは、その事業のために必要な
「1.5トントラック購入の寄付キャンペーン」
にご協力いただきたく、ここにご案内させていただきました。


このトラックの用途は

コンポスト製造のためのオーガニック素材の回収と運搬
②その他生産品の輸送

のために使用するものです。

現在、マレーシア現地でも寄付活動を続けて参りますが、まだ目標金額まで達しておりません。

あと2年でCFFマレーシアが

「寄付に頼らない環境保全型循環農業」

によって経営自立できますよう、日本のみなさまからもご支援・ご協力をいただけますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


2016年12月5日
CFFジャパン代表理事 安部 光彦

===

 

僕がCFFマレーシアに始めて訪れたのが、4年前です。

その頃はメインハウスもなく、子どもは4人しかいませんでした。

しかし、現在は当時の僕らが想像できなかった、

CFFマレーシアの姿になっています。

それは、今までCFFと関わってくださった、

みなさんのおかげです。

これからもCFFマレーシアが、

子どもたちと青年の「希望の場」を、

目指して引き続き邁進していきますので、

みなさんどうぞよろしくお願いします^^