読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CFFジャパン事務局スタッフのブログ

NPO法人CFFジャパン事務局スタッフのブログです。仕事のことに限らず色んなことを書いていく予定です。

CFFタテのつながり

事務局スタッフの日常(仕事以外のこと)

ジムキョクなっしーです。
昨日は、CFF創設者の二子石さんを囲む会に参加してきました!

f:id:cff_japan:20160112181322j:plain

YMCA時代の参加者の方を始め、フィリピンワークキャンプ1桁代(!)の参加者の方がほとんどの今回の会。CFF20年の歴史を感じる一時となりました。

 

自己紹介では、キャンプ参加を経て、医者、脳科学研究、子どもたちへの寄り添い事業日本語教師、医療事務、農家など、様々なシゴトをしているみなさんの話しをお伺いできてとても興味深かったです。

 

キャンプ参加から20年近く経った今でも、こうやって集まってお互いの近況や当時の様子を語り合える場や仲間がいるって、素敵ですね。

 

設立当時の参加者の体験談を聞く機会ってなかなかないので、当時の参加者と今の参加者が一緒に話せる場作りや、今現場で活躍しているみなさんのお話しを聞く会、みなさんの専門分野の勉強会の開催とか、今後はCFFのタテの繋がりをもっと強くしていけたらいいなぁなんて思いました。こんなに豊富にあるCFFの資源を生かさないなんて、もったいない!

 

そして会の後半には、先週お誕生日を迎えた二子石さんのサプライズバースデイお祝い!

f:id:cff_japan:20160112185259j:plain

まかさんお手製シフォンケーキでお祝い♡

 

f:id:cff_japan:20160112185353j:plain

子どもたちからケーキと色紙、花束を受け取る二子石さん。

「僕に物を渡す子には、いつもお礼にチューしてるんだ」と言って子どもたちにキスしようとするおちゃめな二子石さんと、慌てて逃げる子どもたち。笑

二子石さん、改めてお誕生日おめでとうございます♪

 

そして何を隠そう、この子どもたちはCFFプログラム参加者の方々のお子さんたちで、一番上は小学5年生!あと4年したら、CFFのプログラムにも参加できちゃいます!!

「子どもをキャンプに参加させたい」とおっしゃっており、次世代がCFFプログラムに参加する日が来るのもそう遠くないんだなぁと、CFFの歴史と繋がりを感じて感慨深い思いです。

 

元気いっぱいですぐに仲良くなってみんなで遊んだり、ニコニコ笑顔を振りまいてくれる赤ちゃん、小さい子の面倒を見る優しいお兄ちゃんお姉ちゃん。子どもたちのおかげで、会場は終始とっても明るく賑やか。

 

元気な子どもたちの溢れんばかりのパワーを感じつつ、こんな笑顔の子どもたちが変わらず笑顔でいれる未来を、私たち大人が責任を持って創っていかないといけないって改めて思いました。

f:id:cff_japan:20160112190808j:plain

集合写真♪

 

企画してくださったまさ、はなよさん、どうもありがとうございました!

ぜひタテの繋がりを作っていきましょう♪